精密機器部品の金型製造一筋「藤井精工」。

グローバル化とニーズの多様化が加速する情報化社会。
半導体市場すべてにエレクトロニクスが用いられる現代、根幹を支える超集積度の
ハイテクノロジー機器の需要は高まる一方です。
こうした動きを受け、そのシステムや部品の一つひとつはさらに小型化・ミクロ化し、
加工技術や生産体制についても著しい進化が求められてきました。

私たち「藤井精工株式会社」もその一端を担う企業です。長年のノウハウを蓄積。
製品ニーズに合わせた提案型技術営業と、設計者の確かな技術を通じ、0.001ミリ
という単位で構築される超精密機器部品の金型製造を展開しております。

さらに小さく、さらに精巧なものづくりを目指して。これまで培ってきたエンジニア精神の
誇りと技術を役立て、次世代へ繋いでゆくことが私たちの願いです。

社是・経営方針

藤井精工 社是・経営方針

藤井精工の金型づくり

最新鋭の設備と、万全の品質管理により、1976年以来、
12,000型以上の金型を、精度と品質に自信と誇りを持って製作しています。

超精密と匠の技術 ・ 電気・電子パーツ用金型・ 半導体用金型・ モーターコア用金型・ 各種スタンピング金型 高精度と最新の設備 ・ NCジグ研削盤・ NCワイヤ放電加工室・ 試打ち用プレス群・ NCプロファイル研削盤・ 平面研削盤 品質管理 高品質と万全の品質管理 福岡から海外へ。藤井精工の金型は海外各国の精密機器部品の金型として活躍しています。
▲先頭ページへ

ワークフロー

設計・製造・組立て・品質保証までの一貫生産体制でしております。

金型ができるまで
▲先頭ページへ

創立1976年の実績・経験と徹底した社内教育システム

高度成長期の最中に設立した当社は、独自の技術革新に努め、社内独自の品質方針に沿った
教育システムで徹底した品質管理に努めています。

金型としての実績
▲先頭ページへ

お問合せ・アクセス

【福岡方面・北九州方面ともに】
九州自動車道より鞍手ICで降ります。
県道472号線に出るので左折、472号線を南下します。
神崎交差点を右折、県道475号線に入ります。